数値リテラル、文字列リテラルは原則全て定数化するかenumにする。(定数にグループ性があるものはenumにする。) 1


どうも、スィンです。

では、例文から。
例文は今回の内容以外にもリファクタリングした方がいい箇所が多々ありますが、無視してください。
func1() がオリジナルで、func2() と func3() がリファクタリングしたものです。

func1() では value に直接文字列 “OK” を代入し、 equals() により “OK” という文字列と等しいかを判定しています。このようにコードに直接書かれた文字列を「文字列リテラル」といい、数値は「数値リテラル」といいます。リテラルがコード中に存在すると、入力ミスにより「等しいはずなのにfalseが帰ってくる」と、実装したプログラマはバグを産んだ自覚もなく「自分は間違ってない!」という妄想からデバッグにハマることが有ります。また、システムに変更が必要になった場合、同じことをが書いてある箇所をすべて修正しなくてはいけなくなり、修正の際にまたバグを産んでしまう可能性が高いです。よって、これらのリテラルを全て排除しましょう。

通常はリテラルを func2() のように定数化、つまり static final フィールドにします。でもこれって、多分フラグみたいに使ってて、”OK” でなければ “NG” か null か空文字みたいな利用のされ方をしていると思います。それでしたら値の種類が想定されているので func3() のように enum にして switch で処理を分岐したほうががよいでしょう。

今回はここまで!

ではでは!

使う人も自分も楽しくなるアプリ制作を心がけてます。趣味は楽器演奏、映画・アニメ・ドラマ鑑賞とゲーム。特にタイムトラベルものが好き。

業務系SEとしてWindows/Webシステム開発を15年以上やってましたが、今は一般向けAndroid/iOSアプリ開発がメインです。

0

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)