tweecha v2.0 リリースしました。(また思うことを適当に書きました) 1


いつもご利用ありがとうございます。

tweecha v2.0 リリースしました。
http://sinproject.net/tweecha/#download

– 自分以外のユーザー宛「@ツイート」の表示に対応
– プロフィール画面に「@ツイート」ボタンを追加

カラムのカスタマイズとかトレンドとかも今後対応を行う予定です。
今後とも宜しくお願い致します。

前の記事:tweecha v1.0 リリースしました。(ので適当に思うことを書きました)

(ここから適当なことを書かせて下さい・・・)

どうも、@iam_o_sin です。

リリースのお知らせをした「直後」(数秒~数分)に

「いきなり2ですか。。。」
「この前ver1になったと思ったらもう2だと……?」
「一昨日くらいにv1.0になったのにもう2.0か」

という温かいコメントをいただきました。ありがとうございます。v0.9.99.0になってから100回更新しましたので先日v1.0になりました(アホみたいに更新してますね・・・)。バグフィックスなのでv0.9.99.100にしても良かったのですが「100回更新したらv1.0にしたいな!」と前から思っていたのでこうなりました。しかしちびちびとバージョン番号の更新を続けていた反動が出てしまいました。

バージョン番号は「v2.0」というようにドットで区切るのですが、先頭の数字をメジャーバージョン、2つ目の数字をマイナーバージョンというのが慣習です。ちなみに今後は

– 新しい機能を追加したらメジャーバージョンを更新
– バグフィックスとかおまけみたいな機能の更新はマイナーバージョンを更新

する方針でバージョンを更新していく予定です(方針はまたすぐに変更する可能性を秘めております。)

今回のv2.0で「自分の@ツイート」カラムが2つ出てしまうというバグを埋め込んでしまいました。今回はテスト漏れではなく「テスト項目もれ」です。つまり「試験しなきゃいけないこととしての認識漏れ」です。怖い。皆さんご迷惑をお掛けして申し訳ありません。「やった!?出来た?できたぜー!いぇ~い!試験してみたけど問題無さそうねーリリースしちゃうよー」ってウハウハになっていたのに即撃沈されました。

tweechaから発言するとアカウント名のところにtweechaのアイコンが表示されます。あれは自分のフォロワーさんがtweechaを使っていたらすぐに分かるようにするためにしました。「お~、◯◯さんもtweechaなんだ」「あっ!~~さん教えたら使ってくれてる!」という気持ちになれると思います。

公式サイトで先行リリースされるのは「評価版」「ベータ版」という認識でご利用ください。ここでリリースしたものを希望者に使ってもらって、バグがとれたりしたものをplayストアでリリースするようにしています。一人ではデバッグに必ず漏れがあるので「みんなテストお願い!」という気持ちも含めてリリースさせてもらってます。まぁ、皆さんすぐに使ってすぐに不具合報告してくれるのですごい速さでバグフィックスができるのですが、これも評価してくださる皆さんのおかげです。いつもありがとうございます!

バージョン番号に、ベータ版とか英語表記とかは付けたくないので、「v2.0」などと「v*.0」になっているものは「大きな機能追加されたけど初版なのでもしかしたら安定していないかもしれない」というものになります。

サポートをしていたら、たまに24時を超えてまで返信してしまうことがあります。通知などの設定をされている方、夜分にすみません。なるべく24時を超えないように気をつけながらご返信を差し上げるようにしていきます。(もっと早く終わらないといけないのかもしれませんが)

今週一週間は月曜日から毎日「金曜日な気分」でした。だからといって飲み歩いてるわけでもなく、月曜から毎日普通にお仕事していました。(だからなに?)

根拠のない自信を持って、本日も楽しみましょう!

使う人も自分も楽しくなるアプリ制作を心がけてます。趣味は楽器演奏、映画・アニメ・ドラマ鑑賞とゲーム。特にタイムトラベルものが好き。

業務系SEとしてWindows/Webシステム開発を15年以上やってましたが、今は一般向けAndroid/iOSアプリ開発がメインです。

0

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)