Mac と Windows の いいとこ取りをしてみたら作業効率が上がった件

いつもお世話になっております、sinProject の岩崎真也です。

さて、今日は、Mac と Windows の「いいとこ取り」のお話です。

Mac の Command キーを使ったショートカットが使いにくい

左下の「Caps Lock キー」手があたって鬱陶しくないですか?
左下の「Caps Lock キー」が「Command キー」だったら、Windows と同じような操作になって嬉しくないですか?

もしそうなら、Macのキーボード設定で変更してしまいましょう!

Windowsでの「半角/全角」キーでのトグルは扱いにくい

これに比べて、Mac の「英数」「かな」ボタンでの日本語入力はとっても便利だと感じました。なので同じ感じにしてしまいましょう。

Windowsで

スペースキーの左にある「無変換」キーに「IMEオフ」を割り当てる。
スペースキーの右にある「変換」キーに「IMEオン」を割り当てる。

これで、親指で即座に「英数」と「ひらがな」入力を切り替えられて、めっちゃ快適になりました!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)